カマスのルアー釣りはこれで決まり!最強ルアーとタックルについて解説!

その他ライトソルト

比較的簡単に釣ることができるカマス。ルアーでも簡単に釣れることが多いうえに、群れで行動するため大爆釣も期待できるターゲットです。

竿先に伝わる「ドゥルッ」というような独特なアタリに病みつきになるアングラーも多く「釣れなくてもアタリだけで十分」という方もいるほど。(本当に釣れないと意地になりますが・・・)

比較的釣りやすいカマスですが、使うルアーやタックルで釣果に差が出るのも事実。「隣では釣れているのに自分には釣れない・・・」そんな経験もあるのではないでしょうか?

釣れないのはルアーやタックルの選択が間違っているかも?今回はカマスを狙うのに最適なタックルとルアーをご紹介します。

 

カマスの釣り方解説はコチラ

 

 

カマス釣りに必要なタックル解説

今回はアカカマスとヤマトカマスの2種類を狙うと仮定して解説します。バラクーダ(オニカマス)は除外します。

 

 

スポンサーリンク

ロッド

長さは7フィート~7フィート6インチ、ルアーウエイトは10g前後のチューブラーティップのロッドがおすすめです。ティップは柔らかめのロッドが良いです。

これだけ言われても???だと思うので1つずつ解説します。

 

長さ

先ほど述べたとおりですが、7フィート~7フィート6インチの間で選ぶことをおすすめします。

短すぎては、足場の高いポイントや水深があるポイントで不利になりますし、長すぎては操作しにくいです。

カマスは水深10m以上の深いところに溜まることがありますし、足場が高いところから狙う事も多いので、7フィート~7フィート6インチのロッドをおすすめしています。

 

 ルアーウエイト

下限は気にしなくても良いです。MAXで10g程度のルアーが扱えるロッドを選びましょう。

硬すぎるロッドはカマスのバイトを弾くことに繋がるので、硬いロッドはおすすめしません。よくエギングロッドの使用を勧めている記事を目にしますが、エギングロッドは硬すぎてアタリを弾くことと、カマス釣りによく使われるサイズの軽量ルアーは扱いにくいのでおすすめしません。

 

ティップ

チューブラーティップがおすすめです。

投げやすさ、ルアーの操作性、魚が掛かってからのダイレクト感などが優れており、非常に使いやすいです。

ソリッドだとルアー操作時や魚が掛かったときにどうしても繫ぎ目での違和感が気になってしまいます。

チタンは繫ぎ目は意外と気にならないのですが、先が重い分ブレが大きくて使いづらいです。

違和感は製品によって違いますが、ソリッドやチタンを使うメリットそのものがあまりない釣りなので使う必要はありません。

以上の理由からチューブラーティップをおすすめします。

 

とはいえソリッドティップやチタンティップのロッドでカマス釣りが出来ないわけではありません。

カマス用ロッドでの理想がチューブラーであることは間違いありませんが、ソリッドティップやチタンティップのロッドでも問題なくカマスを釣ることは出来ます。

ソリッドティップのメバルロッドなどをお持ちであれば、流用して頂いても問題ありません。

 

カマス釣りに必要なロッドまとめ

  • 7フィート~7フィート6インチ
  • ルアーMAX10g程度
  • チューブラーティップ

 

カマス釣りにおすすめのロッド

このクラスにありがちなベロベロに柔らかいだけのロッドではなく、柔らかい中にもちゃんと芯が通っているような、そんなイメージのロッドです。

メバル・アジ・メッキなどライトゲームならこれ1本で一通りこなせるので、入門者にはうってつけのロッドです。

この価格帯でこれに勝るロッドはないでしょう。

 

柔らかすぎず硬すぎず(ちょっと硬いかもだけど・・・)いい塩梅のロッドです。そこそこの遠投が必要であったり、カマスが深いところに居ついているような状況では最大限力を発揮するでしょう。

僕は初代クロステージをカマス用に使っていました。

 

持った感じはシャキッとしてシャープですが、負荷に応じてしっかりと曲がってくれるロッドです。

ガイドがステンレスであったり、グリップやコスメが安っぽかったりと一見、2万円台のロッドとしては質が低そうに思えるかもしれませんが、ハイエンド機種と見比べても遜色ない程の高品質なブランクを使用しています。

この価格帯でグランデージより良質のブランクのロッドはないと言っても過言ではありません。

 

パワーセブンul-76 ※リンクはありません

非常に柔軟なチューブラーティップと強靭なバットが特徴です。ティップの調子はカマス釣りに最適です。

アジングロッドという位置づけですが、ティップの柔軟性とバットの強さから、様々な釣りに使うことができるオールラウンダーです。

 

カマスには専用ロッドがないので、メバリングロッドやアジングロッドを流用することになりますが、高弾性の高級ロッドより安いダルい感じのロッドの方がカマス釣りには向いています。

長めのトラウトロッドなんかも良いと思います。

 

 

リール

2000番のノーマルギアのリールがおすすめです。

ラインローラーがしっかり動くリールであれば最高です。

 

サイズ

2000番がおすすめです。

重量やパワー、ハンドル1回転当たりの巻き取り量などを考慮した結果2000番がベストだと結論付けています。

 

1000番をおすすめにしない理由としては、1000サイズでノーマルギアのラインナップがほぼないからです。1000番ノーマルギアのリールをお持ちならそれを使うことは問題ありません。

カマス釣りではゆっくりリールを巻くことが多いので、2500番のリールやハイギアのリールはおすすめはしていませんが、使用すること自体に問題はありませんので、2500番のリールをお持ちなのであれば流用して頂いても大丈夫です。

 

カマス用に新しくリールを購入するのであれば、2000番ノーマルギアのリールがおすすめです。

 

おすすめのリール

1万円以下のリールならこれ以外の選択肢ナシ。

巻きの滑らかさ、ドラグ性能、耐久性などこの価格帯とは思えない仕上がりです。

売れすぎて店から消えることも多い超人気商品です。

 

2021年新商品です。

これまで上位機種にしか搭載されていなかったテクノロジーが多数搭載され、大幅に性能UPしました。

現状トップクラスにコストパフォーマンスに優れたリールです。

 

超軽量でレスポンス良し、巻き心地良しのハイコスパリールです。

これ以上の性能のリールは必要ないでしょう。

 

 

ライン

メインラインはPE0.3号がおすすめです。

リーダーは2号程度のフロロカーボンをPEラインに結束、その先に20㎝ほど5号~7号のフロロを結ぶことをおすすめします。

 

メインライン

PEラインの0.3号がおすすめです。不安なら0.4号でも構いません。

ナイロンラインの選択肢もナシではありませんが、ルアーの操作性・強度・飛距離を考えるとPEラインに軍配が上がります。

ラインは細ければ細いほど、風や潮の影響を受け難く操作性が高まりますが、強度が下がります。

カマス釣りにおいて操作性と強度のバランスが最も優れているのが0.3号です。過去には0.2号や0.4号も使いましたが、0.3号が最も使いやすいです。

 

リーダー

リーダーは2号+7号がおすすめです。

PEラインに2号フロロを結束、その先に7号を結びます。7号は20㎝ほどで良いです。

何故こんな面倒なシステムにするのかというと、カマスは歯が鋭い魚だからです。鋭い歯にラインが当たると簡単にスパッと切れてしまいます。

7号であれば歯が当たっても簡単には切れません。ルアーが持っていかれると勿体ないので、太いリーダーは結んでおきましょう。

僕はPE0.3+フロロ2+フロロ7のシステムを組んでいますが、きちんと結束できるならPE0.3+フロロ7のシステムでも問題ありません。

 

おすすめのライン

僕がメインで使用しているラインです。

耐久性が高く、ハードな使用にも耐えてくれています。

非常にしなやかで、柔らかめの質感ですがフニャフニャではない絶妙の質感です。

 

よつあみのPEはなんと言っても細い!

細くて高強度、そしてハリが強めなのでPEラインの使用が得意でない方には使いやすいでしょう。

編み込みが密で海中の目に見えない物質がラインの隙間に入り込みにくいのも特徴で、これによりガイドやリールが傷みにくくなります。

 

安くて使いやすいハリスです。

ルアー用ではありませんが何の問題もありません。

もう10回以上リピートしています。

 

 

ルアー

高活性時はどんなルアーでも釣れますが、活性が高くないときはルアー選択が釣果を左右します。

選ぶルアー次第で入れ食いになるか、ボウズになるか決まることもあります。

今回はカマスで使われることが多いルアーを3種類解説します。

 

ミノー

リップが潮を噛んで、ブリブリと泳ぎます。大きく動くためアピール力が高いルアーです。

リップが潮を噛むので一定の層を曳きやすいルアーで、カマス釣りではポピュラーな種類です。

 

ジグ

鉛の塊です。飛距離が出せ、沈むのが速いのでポイントが遠い時や深いポイントを探るときに有効です。

 

ワーム

プニプニした柔らかいルアーです。プラスチックや鉛よりもナチュラルなアクションを生み出します。

よく釣れるのですが、カマスの鋭い歯で噛みちぎられることも多いので、お財布には優しくないです。

 

これだけ持っておけば問題ない?VSカマス最強ルアー!

カマスの為に生まれたカマス専用ルアー。素早くカマスのいる層まで沈み、ずっと同じ層を泳いでくれる神ルアー。

カマス釣りにおいてカマサーのレンジキープ力の高さは最強です。

VSカマスにおいて最強と言って間違いない、カマスの為のルアーです。異論は認めません(笑)

持っていない方は今すぐポチりましょう(笑)最低2個は持っておきたいところです。

ゴーフィッシュ「カマサー」はVSカマス最強プラグ!これを超えるルアーなし | 釣りバカキノピーが行く!!
こんにちは!キノピーです。 今回はカマス狙いの時の最強プラグ「カマサー」をご紹介します! カマサー カマサーはゴーフィッシュから発売されているカマス向けのルアーです。 (元はタックルハウスのキー・パプースです) カマサーという名前の通り?カマス釣りで圧倒的な戦闘力を誇ります(笑) しかし釣れるルアーだとしても「カマスの...

 

カマスにぴったりサイズのシャッドテールワームです。

テール部にある程度太さがあるので、一撃で噛みちぎられにくいです。粘りがあるので、そこそこボロボロになっても使えます。

大きなローリングアクションでアピール力は抜群!VSカマスにおいて最強のワームです。

「ぺティシャッド」遂に発売!!ミドルゲームに最適!?簡単に解説します | 釣りバカキノピーが行く!!
こんにちは!キノピーです。 ドリームアップの新作ワーム「ぺティシャッド」が遂に発売されました!! ぺティシャッド サイズは2.5インチ カラーは全8色 UVホワイトグロー UVクリスマス アラハダグロー パニックピンクグロー ピーチレモン バリメロン ウォーターメロン アースグリーン 名前の通りシャッドテールのワームで...

 

ペティシャッドに合わせるジグヘッドはFチェンジヘッドで決まり!

フックを自由に変えられるので、純正のフックを外して、管付きのカマス鈎を付けます。

鈎は下向きにした方がフッキング率が高いです。

カマスシーズンが終わったら、鈎を付け替えてロックフィッシュなどに使うと良いでしょう。

「Fチェンジヘッド」フックが可動する?ターゲットに合わせて自由自在! | 釣りバカキノピーが行く!!
何やら面白いジグヘッドがある。 フックが動く上に脱着もできるらしい。 その名もFチェンジヘッド ZEAKEから発売されているジグヘッド。 最大の特徴はフックの脱着が可能であるという事である。 ヘッドのウエイト部のスナップにフックを掛けるという風になっている。 ラインナップは0.6g~28g。合計12種類とかなり豊富。 ...

 

Fチェンジヘッドにはこの鈎を付けるのがおすすめです。

よく飛びよく泳ぐメタルジグです。

タダ巻きでもよく泳いでくれるので、タダ巻きがメインとなるカマス釣りでは大活躍します。

プチダッカーは超万能!青物から根魚、砂物までこれ一つでOK! | 釣りバカキノピーが行く!!
ドリームアップのプチダッカーをご紹介!!

 

 

ルアーケース

カマス釣りは持っていくルアーはそれほど多くないので、コンパクトなケースがおすすめです。

僕が使っているのはメイホーのリバーシブルD-86です。

ルアーを1個ずつ分けて収納できるのでフックが絡まることもありません。

 

 

カマス釣りを始めよう!

時には大爆釣も体験できるカマス釣り。あの独特のアタリを味わったらハマること間違いなし!

道具を揃えてカマスを釣りに行きましょう!

 

カマスの釣り方解説はコチラ

 

今回ご紹介した商品

itemlink post_id=”586″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました