[2021年版]ハードロックゲームでハタを狙う為のルアーを解説!おすすめルアー4選

ハードロック

近年、一気に流行り始めたハードロック。

強烈な引きで楽しませてくれ、食べてもおいしいハタ類を釣ってみたい方は多いと思います。

しかしまだまだ発展途上の釣りであり情報も少ないので、どのようなルアーを選べば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は、ハードロックゲームを行う為に必要なルアーについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

※今回はオオモンハタ・アカハタをメインターゲットとする前提でお話します。

 

ハードロックロッドの記事はコチラ

 

ハードロックリールの記事はコチラ

 

ハードロックラインの記事はコチラ

 

 

 

今すぐおすすめのルアーを見る

 

スポンサーリンク

この記事を読むメリット

  • ハードロックに必要なルアーの基本的な知識が得られる
  • ハードロックにおすすめのルアーを知れる

 

 

ハードロックゲームにおすすめの2種のルアー

ルアーは大別してもたくさんの種類があるので迷ってしまいますよね。

今回はハードロックゲームにおすすめのルアーを2種類ご紹介します。

ハードロックゲームにおすすめのルアーは以下の2種

  • ワーム
  • メタルジグ

ではそれぞれ解説します。

 

ワーム

ソフトルアーとも呼ばれます。

ハードロックゲームでは最もポピュラーなルアーで、ソフトルアーの名の通りプニプニした柔らかいルアーです。

プラスチック製のルアーよりもナチュラルな動きで魚を誘う事ができること、柔らかいので魚の食い込みが良いこと、1個当たりの単価が安いことがメリットで、飛距離が出にくいのがデメリットです。

ハードロックゲームでは3インチ~5インチを使うのが一般的です。

 

ワームを使った仕掛け(リグ)の種類

ワームを使った仕掛けにもいくつかの種類があります。中でもハードロックゲームで使われることが多い3種類をご紹介します。

ジグヘッドリグ

ジグヘッド(オモリと鈎が一体化したもの)とワームを組み合わせたリグです。最もシンプルで汎用性が高いリグで、スイミング~ボトムバンプまでこなします。フッキング率が高い事がメリットで、他のリグと比べると根掛かりのリスクが高いのがデメリットです。

 

テキサスリグ

オモリと鈎が分かれているリグで、オフセットフックと言われる鈎先が隠せる鈎が特徴です。鈎先が隠れるので根掛かりしにくいのですが、フッキング率は悪いです。

 

ダウンショットリグ

オモリが一番下にくる仕掛けで、鈎が底から浮いた状態になるので根掛かりしにくいです。ズル引きやボトムバンプを得意としますが、スイミングでのアクションが苦手です。

 

僕は95%はジグヘッドリグで通します。それが一番楽しいと思うからです。

 

メタルジグ

ざっくり言ってしまうと、鉛の塊を小魚形に整えたルアーです。素材は鉛が一般的ですが、タングステン製や亜鉛製のものもあります。

数あるルアーの中でも最も飛距離が出て、沈むのが速いルアーで、遠くや潮の流れが速いポイントを攻めたいときに使います。

飛距離が出せること、安いことがメリットで、沈むのが速いため、浅瀬では使い難いのがデメリットです。

ハードロックゲームでは20g~40gが使われることが多いです。

 

 

マッチ・ザ・ベイトは不要

ベイト(ターゲットが捕食しているエサ)とルアーのサイズ・形を合わせるというマッチ・ザ・ベイトの考えはハードロックゲームでは不要です。

4インチのシャッドテールワームの中層スイミングで喰ってきたオオモンハタがカニを吐き出したり、小さなキビナゴを吐き出すことも珍しくありません。アカハタやクエなども同様です。

これらのことを考えるとマッチ・ザ・ベイトは不要であると言えます。

 

 

ハードロックゲームでおすすめのルアー

ワーム部門

ドリームシャッド+DSヘッド(ドリームアップ)

ハンドポワード製法(手作り)による柔らかさが最大の特徴。食い込みの良さが抜群です。

ボディ自体がローリングアクションするのでアピール力も抜群です。

アラハダグロー・パニックピンクグロー・生イワシなどの人気カラーはすぐに売り切れてしまうので多めに買っておきましょう。

僕はハードロックゲームの90%以上をこのセットで通します。

※ドリームシャッドにはブレードは不要です。

 

バグアンツ(エコギア)

ロックフィッシュゲームでは超々ド定番の大人気ワームです。

テキサスリグでボトムを攻めるのが効果的。

オオモンハタよりアカハタに効く印象があります。

 

メタルジグ部門

プチダッカースリム+シラスレンジャー(ドリームアップ)

ドリームアップが作り出した最強のジグ「プチダッカー」のサイズアップバージョン。重くなっても拘りの動きを出すためにスリムになって登場しました。

タダ巻き良し、ジャーク&フォール良しの万能ジグです。

フックとリングが付いていないので後付けする必要があります。

プチダッカーについてはコチラをご覧ください。

 

Sビット(ジーク)

Sビット(スロービット)はショアスローに適したジグで、幅広で左右非対称の形状と後方重心であることが特徴です。

後方重心なので飛距離が抜群なので、遠くを探りたいときに効果があります。

3回ジャークしてフリーフォールや、タダ巻きでの誘いがおすすめです。

塗装が強いので剥げにくいのも良いですね。

 

ルアーでハタを釣ってみよう!

ハードロックゲームは非常に楽しいです。食べて美味しいのも魅力的ですね!

今回ご紹介したルアーはどれも良いルアーなのでぜひ試してみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました